イベント

目撃せよ!双腕重機の世界

開催日時

2019年3月30日(土)、31日(日) いずれも13:00~14:30

内容

2本のアームを持つ双腕重機は、災害現場でがれきを処理するなど、活躍の場を広げています。
双腕重機シリーズの開発に携わった技術者を招き、開発秘話を語ってもらいます。
後半では、双腕重機の実物が登場。繊細で難しい作業に挑みます。
2本の腕を器用に使う究極の技をぜひご覧ください。

スケジュール

13:00~13:45 トークセッション「常識をうちやぶれ!双腕重機の世界」
14:00~14:30 実演「2本の腕で挑め!未来館からの挑戦状」

※観覧場所はトークセッションに参加された方を優先にご案内します

講師

小俣貴之氏(日立建機株式会社)

会場

日本科学未来館1階コミュニケーションロビー、屋外駐車場

参加費

無料(入館料も不要です。ただし、常設展、企画展をご覧になる場合は別途料金が必要です)

定員

トークセッション100名(事前申し込み不要)

事前実演

イベントに先立ち双腕重機によるフリー実演を行います。

※14:00からの実演とは異なる内容です

開催時間:11:00~、11:30~(各回約15分)
開催場所:1階 屋外駐車場

トークセッション
「これであなたも工事ツウ!プロが教える工事の裏側」

開催日時

2019年4月13日(土)17:30~19:30

内容

本展の監修を務める高橋良和氏をはじめ、様々な巨大建設プロジェクトに携わった技術者、工事現場の魅力を独自の切り口で発信している方をお招きし、工事現場の今を語り尽くします。
最新テクノロジーや巨大建設プロジェクトの裏側、身近な場所で行われている工事の楽しみ方など、興味深いストーリーを多数ご紹介します。

後半には、登壇者による本展の特別ツアーも実施。
プロならではの視点で、会場内の重機や建設プロジェクトを熱く解説します。

スケジュール

17:30~18:40 トークセッション「知らなきゃもったいない!?工事現場の楽しみ方」
18:45~19:30 登壇者による企画展「工事中!」特別ツアー

会場

日本科学未来館1階シンボルゾーン、企画展示ゾーン

講師

・高橋良和氏(京都大学大学院工学研究科教授/企画展「工事中!」監修者)
土木工学が専門。特に橋の耐震安全性に関する日本有数のスペシャリスト。
大学で教鞭をとり若手技術者を育成するかたわら、土木マニアが集い熱いトークを繰り広げる「どぼくカフェ」を全国で開催

・今石尚氏(大成建設株式会社土木本部技師長)
約30年間、建設現場の第一線で活躍。東京湾アクアラインや首都圏外郭放水路などの大規模インフラの建設に携わる。
トルコのボスポラス海峡横断鉄道トンネルでは責任者として難工事を成功

・小島健一氏(見学家)
大人の社会科見学ブームを起こしたコミュニティ「社会科見学に行こう!」を主宰。
通常立ち入ることができない研究所や土木工事現場、産業遺産、工場を、オリジナリティあふれる切り口で発信中

参加費

無料(ただし、イベント開始前に展示をご覧いただく場合は入場料がかかります)

定員

100名(要事前申し込み)

参加方法

WEBによる申し込み。先着順(最終受付は4月10日17時)